KG's ブログ

2018.02.05

マウスピースの旅 vol.1

無知とは恐ろしいものである。

吹奏楽部の入部届けの希望パート欄に「ドラム」と書いている私を見て、隣のS君が、
「そこはパーカッションって書くんやで」
と教えてくれた。
吹奏楽部におけるドラムは、パーカッションパートの中の1楽器であって、むしろ合奏においては他の打楽器を演奏する機会の方が多い事を知った。
かくゆうS君も吹奏楽部の入部届けを持っていて、希望パートはパーカッション。
さらに備考欄には中学校3年間の経験者とあった。

当時は生徒が多い時代。
私の学年だけでも660名いて、吹奏楽部在籍者約70名。
新入部員のパート分けは当然経験者優先で、未経験者は人数の少ないパートに配属される。
その時のパーカッションパートは既に満員御礼状態であったため、少しでも自分の意思が反映されるよう、希望パートを変更する事にした。
吹奏楽になじみのない私にとって知っている楽器と言えば、トランペットとクラリネットとフルートぐらいだった。

さて、どうしたものか...

つづく・・・

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム